当たると評判の占い 四柱推命とは

四柱推命の画数による占いの運勢の見方や、姓名判断の基本となる五星の関係などを調べて解説しました。

当たると評判の占い 四柱推命とは

姓名の画数でわかる占いの四柱推命とは

四柱推命とは姓名の画数で運勢を占う方法です。姓名の画数を5つに分類しそれぞれの画数でその人がどんな人生を進んでいくのかを暗示していると言われているので、それを見て自分の運勢にどう影響しているのかを知る占いの事です。

姓名を5つの画数に分類したものを五星といいます。一つは総星と呼ばれるもので、これは姓名の全画数を足したもので表されます。総星は生まれ持った才能や人生全体の運勢を表すとされ、これが吉数であれば若いころには苦労をしても年を取ってからは穏やかな人生を送ることを暗示しています。天星は姓の画数を足したもので、先祖代々のものですから自由に選択することはできずその人に直接大きな影響を与えるものではないですが、他の星に様々な影響を与える星です。地星は名前の画数を足したもので、その人の愛情運を表すとされています。地星が吉であれば、肉親の愛情に恵まれ健康に育つことができ、結婚や恋愛でも素敵な相手に恵まれますが、凶の場合は肉親との縁が薄かったり結婚相手に恵まれないことになります。人星は姓の一番下の文字と名前の一番上の文字の画数を足したもので、姓名の中心になりその人の性格や才能に影響します。性格は生まれたときに決まっているものではなく、その後の生活環境により変化するものですから吉や凶などの影響を受け変わることがあります。最後の外星は総星から人星を引いたもので、その人の社会的地位や人間関係など外部からの影響を表しています。吉であれば社会的信用を得て良い友に巡り合えるでしょう。凶の場合は裏切りなどのトラブルに気を付けなければいけません。

趣味・ホビー・占いって、皆 ちゃんと知らないと思う



Copyright(c) 2016 当たると評判の占い 四柱推命とは All Rights Reserved.